学校

学校の現場でも、スマートデバイスが利用されつつあります。

その顕著な例が、発達支援教育ですね。学校
実は、発達支援教育にスマートデバイスはとてもいいものだと言われているのです。

発達障害とは、自閉症やアスペルガー障害・ADHD・学習障害などのこと。
皆さんも、おそらくいくつかの障害については見聞きされたことがあるのではないでしょうか。
学習障害がわかりやすいので、学習障害を例にご紹介しましょう。

学習障害というのは、「知能には問題がみられないのに、計算ができなかったり文字がかけなかったり、と特定の分野に支障が出る可能性がある障害」のことです。
日常生活は問題なく過ごせるのに、いざ文字を書こうとすると「筆圧が足りない」「何を書いていいのかを忘れてしまう」「まっすぐ書けない」「漢字を覚えられない」などの問題が出てきて、困ってしまうという障害です。

この学習障害は人によって出方が異なり、中には「計算ができない」という問題がある子もいますし、文章を読むことができないという子もいます。
ただ、前述したとおり日常生活はきちんとおくることができるので、周囲がの弱い点をフォローすることで、問題なく過ごすことができるようになります。

このフォローが、とても大事なのですね。

学校で、タブレットを導入する理由

じつは、この学習障害のみでなく学習障害と似たような症状が出る「自閉症」「ADHD」に関しても、タブレットの学習が有効だという結果が出ています。

タブレットなら、本を読むときに文字を拡大して読むことができるようにできますし、音声で理解することもできる様になります。文字の練習も、分解して読みやすくするなどの方法をとることができますので、学習がスムーズになります。この様なメリットがあるために、発達支援教育にタブレットを導入するところが増えているのですね。

この取り組みは全国に広がっていて、発達支援学校に取り入れるところも増えていますし、また発達支援学級のみならず学校全体で取り入れているところも少なくありません。
こういった取り組みが発達障害児に自信を与え、「自分もお勉強ができるんだ」と前向きな姿勢を取り戻すことができると期待されています。

残念ながらまだ一部での取り組みではありますが、この様な取り組みが今後どんどん広がっていくと良いですね。
タブレットを導入するだけで、発達障害児の勉強の環境が改善されたちうケースは非常に多いです。そのことから、現在は関係者が導入を願い出るなどのことも行われているとか。実現を目指したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です