ガソリンスタンド

ガソリンスタンドの意外なIPAD活用法

スマートデバイスの活用は、意外なところで結果を出していることが報道されるようにもなりました。
そのひとつが「ガソリンスタンド」です。

みなさんは、ガソリンスタンドでスマートデバイスが活躍していることをご存知ですか?
ここで、ガソリンスタンドでどのようにスマートデバイスが活かされているのかについて記述をしていきましょう。

低迷するスタンド業界

日本ではどんどん自動車の売り上げが下降線を描いており、それと同時にスタンドの利用率も低下していると言われています。車
また、スタンドはセルフを含めればかなり数が増えてきているため、どこのスタンドも「客の取り合いに必死」ということも言われてきました。

その中で、スマートデバイスを取り入れたことで客数の増加に成功した企業があります。
なぜスマートデバイスで客数が増えたのか?
それは、スタンドで行われているサービスにスマートデバイスを上手に組み込むことに成功したためです。

ガソリンスタンドの業務は、ガソリンを入れるだけではありません。
車の修理もそうですし、戦車やオイルの追加なども行っていますので、このサービスを目当てに訪れる人も多くなってきているのです。

そこで、車を傷つけて修理にきたお客さんの依頼を受け、スマートフォンなどで修理個所を撮影→修理担当者におくって見積もりをとることで、その場ですぐに修理を受けられるようにしました。
こういった修理の依頼というのは、その場ですぐに対応をしなければ「他の業者を探して任せてしまう」ということが多いので、その場ですぐに見積もりをとれるようになったというのは大きいですね。

また、顧客管理をスマートデバイスで行えるようになったことも大きいです。
顧客管理をスマートデバイスでおこなうことができるようになり、すぐにその人の顧客情報をチェックすることができるようになりました。この結果、顧客とのコミュニケーションも向上し顧客がそのガソリンスタンドを利用しやすくなったと言われています。

このようなシステムの変化が功を奏し、とあるガソリンスタンドの売り上げが上がっているようです。
工夫することで、この時代でも売り上げをあげることができるということですね。

このガソリンスタンドの様に、今後もスマートデバイス導入から顧客管理をすることができるところが増えていくでしょう。売り上げの貢献もしているというスマートデバイス、今後が本当に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です