コンビニ

コンビニにも導入されたスマートデバイス!

大手コンビニチェーン「サークルKサンクス」が、スマートデバイスを導入したという話が話題になっています。
このスマートデバイスの導入が面白いので、ご紹介をしてみたいと思います。

サークルKサンクスでは、全店にスマートデバイスを導入。
店舗と連絡を取り合い、きちんと対応をすることができるようにしています。

コンビニにはスーパーバイザーという役割の人がいて、この人が発注などを仕切って商品の仕入れを行っています。しかし、そのためには店舗の状況を把握していなければなりません。
御存知のように、コンビニによって売れるものには大きな違いがあります。

周辺の施設や気候によって「何が売れるか」には大きな違いが出てきますので、コンビニではそういった情報も把握した上で発注をかけなければなりません。
お弁当がたくさん売れるお店に、おにぎりばかりを入れても売り上げが下がりますし無駄もでるためです。

このため、スーパーバイザーと店の経営者がきちんと連絡を取り合い「どんな商品が売れ、必要とされているのか」をきちんと把握しておかなければなりません。
そこで、スマートデバイスを使って店舗からの情報を得るという方法が使われています。

スーパーバイザーというのは本当に忙しい仕事なので、いつもいつもパソコンに向かっていられるとは限りません。そこで、スマートデバイスを導入することで「どこにいても店舗の情報を知ることができるようにする」という方法とられるようになりました。

スマートデバイスなら、外でも簡単にメールを受けて返すことができますからね。
このようなスマートデバイスの使い方も、定着してきています。

コンビニだからこそ、スマートデバイスが必要

スマートデバイスは、コンビニだからこそ必要なツールなのかもしれません。
コンビニというのは商品の回転も非常に早く、だからこそ対応にもスピードが必要とされます。

このような業界だからこそ、スマートデバイスの必要性が高いということになるでしょう。
コンビニ業界だからこそ重要視されるスマートデバイスを、今後も注目していきたいものです。ぜび、多くの人にスマートデバイスについて学んでほしいですね。

恐らく、今後は本当に多くのコンビニがスマートデバイスを導入していくのではないでしょうか。
既に使われていて、なくてはならないものになっている可能性も否定できません。コンビニ業界とスマートデバイスの関係を、今後もみていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です