漫画家

漫画家が使うスマートデバイス

最近は、漫画家が作業にスマートデバイスを使う例も増えています。ペン
漫画家がどういった場面でスマートデバイスを使うのかについて、考えていきましょう。

漫画の世界もデジタル化が進んでおり、最近は作業をパソコンで行う例が本当に増えました。
以前は下書きを手で行ってパソコンに取り込む→色を塗るという工程が行われていましたが、近年では液晶タブレットの質が充実してきていますので、液晶タブレットで線画から描くといひとも増加しているようです。

液晶タブレットなら、まるで紙に書くようにイラストを描くことができますし、さらにそのまま色を塗ることもできますので、本当にオススメです。効率よく絵を描きたい人には、この液晶タブレットを使ってほしいと思いますね。
そんな液晶タブレットですが、今はほとんどの漫画家が利用しているそうです。

液晶タブレットのメリットは大きい

液晶タブレットは、漫画家にとって非常に大きい改革のひとつであると言われています。
イラストや漫画をパソコンで描く人が増えてから、ペンタブレットを使って絵を描く人はとても増えましたが、画面とタブレットが別であったために「机に向かって絵を描くように描くことは難しい」という指摘もありました。確かに、画面とタブレットが別になっていると紙に直接描くようにすることはできませんので、その点を「書きにくい」と指摘する人はいました。

しかし、液晶タブレットの場合はタブレットにペンで直接描くようにすることができますので、そこの使い勝手の良さがいいと評価されているようです。

もちろん、最近はイラストをただ描くだけではなくコマ割りが必要な漫画も描くことができるようになっていますので、ソフト次第でタブレットには本当にいろいろな可能性があることが解ります。

もちろん、描いたイラストはそのままメールやクラウドでおくることができますので、仕事が終わったらすぐに処理をすることができるようになっているのもいいですよね。
イラストの可能性を広げるツールとして、タブレットの存在感が非常に大きなものとなっていることは事実。

イラストを描くという利用の仕方から、通常より大きめのタブレットが必要とされているのも漫画家のタブレットの大きな特徴ではないでしょうか。
今後も、もっともっと多くの場所でスマートデバイスは使われていくのでしょう。

漫画だけでなく、デザインなどの世界でも同じような使われ方がしていそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です