製造現場

アナログからIT化へ

これまでの製造現場では看板や紙ベースのアナログによる情報伝達で、工程管理をしていました。
ですが、世の中はIT化の時代です。

製造現場でもスマートデバイスを導入することで、スピーディーな指示や情報共有、作業データやノウハウの蓄積、蓄積されたノウハウの活用をすることができます。
スマートデバイスの利点は持ち運びのしやすさと、誰でも簡単に感覚的に操作できる操作性の良さです。

製造現場では広い工場内で作業し、各スタッフが自分の担当分野にかかりっきりになることも多いでしょう。
どこへでも気軽に持ち歩け、どこでも繋がるので、情報の伝達や共有が簡単になります。

分からないことがあれば、その場でデータをチェックしたり、工程の確認ができるのも業務効率の改善や製品の品質向上、大きなトラブルの未然回避に繋がるでしょう。
製造現場には年齢はもちろんITリテラシーのレベルのレベルが様々なスタッフが働いていますが、スマートデバイスは見た目と指による視覚と感覚的な操作で利用できるので、誰もが簡単に使いこなせるようになるでしょう。

情報の記入や伝達も高速化を実現

タッチペンを用いれば、手袋をしたままでも操作が可能です。
現場での報告作業もツールの入力補助機能を使って簡単にでき、トラブルが発生した際には即座にカメラで写真や動画を撮影して送信し、指示を仰ぐこともできるのです。

現場から挙がって来た情報はクラウドコンピューター上で保存したうえ、膨大なデータを解析したり、他の作業者がデータにアクセスして利用することも可能になります。
これによりトラブルへの対処法やミスのないオペレーションの習得など、ノウハウの蓄積ができるでしょう。

このようにモノ作りの製造現場でもスマートデバイスは有効活用できます。
クラウドを経由することで、現場責任者は外出先からもデータを共有したり、リアルタイムで在庫の確認や作業現場の状況を確認できるなど、利用の幅は広がります。

日々の製造装置の点検やメンテナンスの点検チェック作業も、スマートデバイスで確認しながら行なうことができ、現場から離れた場所でも正確に行なわれているかのダブルチェックができるでしょう。
スマートデバイスの活用により、少ない人数による作業を可能にしたり、経験が浅いスタッフの育成スピードも早くなることが予想されます。

また、近年は団塊世代の大量定年などに伴い、現場で培われた経験やノウハウの伝承が途切れると懸念されていますが、ノウハウの保存と蓄積、活用により、どのスタッフであっても同等のレベルで作業に携わることが可能になるかもしれません。