監視カメラ

監視カメラもスマートデバイスを活かすことができます

スマートデバイスと監視カメラがタッグを組むとどのような革命が起きるのでしょうか?
監視カメラは店舗やオフィス、マンション、住宅などに設置し、周囲を動画で撮影しながら監視の材料に使うものです。

画質の性能もアップしており、犯罪捜査でもそこに映った映像が重要な決め手となることが増えています。
もっとも、監視カメラの弱点を挙げるとすれば、まず1つ設置が固定されることでしょう。

一定の範囲を映し出すことは可能ですが、死角に入ってしまえば映すことができません。
全てのエリアをカバーするために複数導入するならばコストが嵩みます。

リアルタイムの監視は大きな弱点

もう1つの弱点は、リアルタイムでの監視が難しいケースがあることです。
警備会社の防犯センターなどでは常時監視していますが、家庭などで設置する場合は、
何か起きた後で、過去の映像をチェックすることになります。

この点、スマートフォンにネットワークカメラ管理ソフトを入れれば、お手持ちのスマートフォンのカメラがネットワークカメラとして利用できるようになるのです。
スマートフォンは監視カメラを購入するより低コストのうえ、固定されることなく、たとえば、警備員が歩きながら動画撮影をすることが可能となります。

またマルチクライアントオプションを導入すれば、ライブモニタリングや録画が可能となるので、
今撮影している映像をその場で直ぐにチェックすることが誰でも可能になるのです。

スマートフォンの画質に左右されるため、性能のいい監視カメラには負けるかもしれません。
しかしスマートデバイスを監視カメラ代わりに使えることは、従来の防犯目的以外に身の回りでの活用を増大させてくれます。

現に行われているのがペットの監視や、赤ちゃんの見守りです。
ペットを家族の一員として可愛がっている人が増えていますが、気になるのが留守の時の様子です。

室内に取り付けたカメラで動画を撮影し、リアルタイムで状況をメールに送られて来る画像などで確認することが可能になっています。

また保育園などでも利用が増えており、気になるお子さんの様子をカメラに収めて、
仕事中のパパやママのスマートフォンに配信するサービスなどが導入されています。

スマートデバイスの活用により、どこにいてもモニタリングが可能となり、
安心や安全をより一層深めることができるでしょう。