ねこあつめ

たくさんの猫が集まってくる

ねこあつめは、Android・iPad・iPhoneで使えるアプリです。
今ではあまり見られなくなった縁側ですが、そんな縁側で猫とまったり過ごす、というシチュエーションに憧れを抱く人は多いのではないでしょうか。
ねこあつめは、そんな願望を叶えてくれるアプリなのです。
まったりとした時間が流れているアプリで、猫達とほのぼのと交流できます。

昔懐かしい感じの和風の縁側とお庭に猫の大好きなエサやおもちゃを配置したら、後はしばらく放置しているだけで猫がやってきます。
猫が訪れている間にカメラ機能で猫がおもちゃで遊んでいる姿、エサを食べている姿、寝ている姿などを撮影して残しておくことができます。
1度でも訪れたことのある猫のデータは、「ねこてちょう」でいつでも確認できます。

ねこあつめの特徴や遊び方

ねこあつめの特徴は、放置しているといつの間にか猫が集まってくるというところではないでしょうか。
エサやおもちゃの配置さえしておけば、ちょっとした空き時間に少しずつ進めることができるのです。
訪れた猫に名前をつけることもできますし、ねこてちょうを見るとその猫のプロフィールが詳しく記載されます。

なお、訪れた猫はエサやおもちゃのお礼としてにぼしを置いていってくれます。
このにぼしを集めると、新しいおもちゃを購入したり、庭先の拡張をしたりできます。
にぼしには「金のにぼし」と「ふつうのにぼし」の2種類あり、金のにぼしは課金して購入することもできますが、ふつうのにぼしをたくさん集めると交換することができます。
基本的に、猫が遊んだりエサを食べたりしているのを眺めるだけのゲームではありますが、訪れた猫の写真を撮る、色々な種類の猫を全て集める、猫が持ってきてくれる宝ものを集める、という遊び方ができます。

ゲームオーバーになることはありませんし、エサやおもちゃを置いてもすぐには猫が来ないため、しばらく時間を空ける必要があり非常にまったりしたアプリです。
エサがなくなってしまうと猫が来てくれなくなるので、もう遊ばないという場合以外はエサの補充をきちんとする必要があります。

ねこあつめの裏話

ねこあつめは元々、別アプリの開発をしている時に合間に作ったアプリだそうで、最初は日本語版しかなかったのですが、操作が直感的にでき簡単なことから海外のユーザーからの人気も高く、全ダウンロードの約3割から4割は海外ユーザーによるものとなっています。
2015年の10月には、英語対応も行っています。

ただ、人気が高いことから類似アプリも多くリリースされているため、混同しないように注意が必要です。
類似アプリは完成度が低いものが多いだけでなく、頻繁に広告表示されます。
ねこあつめでも広告表示はありますが、メニュー画面に移動した時にだけ表示される「ネコが持ってきたチラシ」を見るというかたちをとっています。

ver1.6時点での登場する猫の種類は53で、それぞれ特徴や色があります。
せんとうりょくという項目もありますが、ただの性格の1つだそうです。