スマートデバイスの未来

スマートデバイスの高い普及率

スマートデバイスはいまや個人だけでなく、企業にとっても非常に重要なツールとなっています。
企業活動の効率化のためにも、そして顧客との関係性を維持するためにも、スマートデバイスへの導入、そして対応は待ったなしの状況になっています。

スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスが私たちの生活に入り込んできたのはほんの5年前のことですが、今や急速に普及が進んでいますね。

端末の価格も手頃になり、法人が大量に導入するケースも増えてきています。
企業による導入率は毎年2倍以上のペースで増え続けています。

また個人でもスマートフォンやタブレットを使って企業のホームページにアクセスしてくる人が増えてきており、企業と顧客の関係がよりシームレスになってきていくのです。
企業活動では導入したことによりビジネスに大きな変革が起きてきています。
とくに営業活動との相性がよく、効率的な営業に一役買っています。

スマートデバイスの特徴の一つは出先から会社のサーバーに簡単に接続でき、しかも大量の情報を引き出すことができるということです。
たとえば顧客との商談の中で商品の詳細についてプレゼンを行う場合、カタログを何枚も持っていくのは手間になります。

ですが会社のサーバーにアクセスして電子カタログをタブレットに表示させれば、紙カタログよりも詳しい情報をきれいな画像で提供することが可能になります。
また商談中に値下げ要求があった時には、これまでなら一度案件を会社に持ち帰って社員で協議することが必要でした。

ですが、スマートデバイスの普及によってネットを介した電子会議が行えるようになったため、案件の結果をすぐに顧客に提示することができるようになりました。

これによって顧客を失うリスクを大きく減らすことができます。
このように、現在の企業活動はスマートデバイスによる恩恵を大きく受けています。

上手く活用するためには?

ただし導入した企業のすべてが上手に活用して収益につなげているわけではありません。
スマートデバイスを取り巻く環境はまだまだ発展途上ですし、中にはスマートデバイスへの最適化に遅れている企業も数多く見られます。

では将来的にスマートデバイスにはどのようなことが求められるのでしょうか。

まず安全性が求められるでしょう。
多くの場面で使われるようになると、それだけセキュリティが問題となってきます。

企業の大切な情報が詰め込まれているわけですから、ウイルスやマルウェアへの感染は避けなければなりませんし、端末紛失の際の情報の流出も防がなければなりません。
将来的にはスマートデバイスを使った決済システムも一般的になることが予想されますが、そういったシステムを推し進めるためにも、セキュリティの問題は最重要課題となるでしょう。