デザインや操作性

どんどん向上するデザインと操作性

御存知のように、スマートデバイスのデザインはどんどん変化し、また操作性もかなり上がっています。
しかし、スマートフォンが出始めたころとは違い現在は一定の機種が出そろった状態。

最近は傾向というか、「どんなデザイン性や操作性が求められているのか」が解りやすくなってきていますね。
スマートデバイスの最近の傾向について、まとめてみました。

PCとの違い

スマートデバイスの操作性についてお話をする前に、まずパソコンとの違いについて触れておきましょう。
スマートデバイスのアイコンと、パソコンのアイコンは似て非なるものと考える人もいるようです。

なぜなら、パソコンの場合は「ポインタが出て、それをマウスでクリックすること」が操作の基本になります。
ウィンドウズ8からは画面に直接タッチすることでクリックできましたが、やはり基本は「マウスを使ってのクリックである」ということは確かです。

しかし、スマートフォンやタブレットの場合は「指先でクリックする」ということが基本になりますので、そういった意味で操作性の違いは大きいです。

このようなことから、スマートフォンでは「指で扱いやすい」ということが重視されていて、操作性ももちろんそれが一番です。アイコンがシンプルかつより見やすくなっているのは、やはりスマートフォンでの使いやすさを意識してのことなのでしょう。

サイトデザインにも影響しているスマートデバイスの世界

サイトのデザインも、パソコンだけでなくスマートフォンでも見やすいような利便性を要求されています。
このため、最近のサイトデザインはシンプルなものがより多くなっていますね。

以前はサイトデザインでもより凝ったものが目につきましたが、最近は見やすく表示がされやすいものがいいとされています。
これは、やはりスマホで表示された時にあまり細かいデザインだと読みにくいからでしょう。

スマホのような小さい画面でサイトをみるなら、やはりシンプルかつ斬新なデザインである必要がありますので、デザイン性にもそういったものを意識していく必要があります。
ウェブデザイナーの力量が試される、ということになるでしょうか。

サイトデザインや機能性は今後どんどん変わっていくと思いますが、これまでの多くの分野からみるに「最終的にはシンプルなものに落ち着く」ということになるのではないでしょうか。
いずれにせよ、スマホの進化と共にデザイン性や機能性がどう変わっていくのかというのは興味がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です